読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一笑顔 ~赤ちゃんを笑わせる為の育児奮闘記~

まだ小さい赤ちゃんの笑顔を見る為あの手この手で頑張るお父さんの育児日記です。

1歳の赤ちゃんをアクアトトぎふに連れて行ったら結構楽しめた話。

アクアトトぎふで過ごしたお盆。

どうも、未来です!

少し前の話になりますがお盆に特に予定が無く、嫁とどうしようか考えてた結果1歳の誕生日の時に赤ちゃんを何処にも連れて行ってあげれなかったので岐阜県のアクアトトぎふに行ってきました!

f:id:suzutoao:20160823224335j:plain

 

 

お盆と言っても土日と有給の3日しか休みは無かったんですが、3日中2日アクアトトに行きました。

 

正直、淡水魚の水族館という事で余り期待はしてなかったんですが予想以上に楽しめたのでその時の様子を書かせてもらいます。

世界淡水魚園アクアトトぎふとは?

岐阜県各務原にある河川環境楽園オアシスパーク内にある施設のひとつで淡水魚の水族館です。

河川環境楽園については別記事を書きましたのでこちらの記事をお読みください。

babysmile.hatenablog.com

 

アクアトトぎふは主に木曽川と長良川の生物と近くではまず見れない世界の生物を扱った水族館になっています。

 

魚以外にも両生類やカピバラやカワウソ等色々な生き物がいます。

淡水魚水族館としては世界最大級みたいで種類も約220種類20,000点の生物がいる為、淡水魚水族館と聞いて初めは先入観でそこまで大きくなく種類も少ないと勝手に思っていたのでとても見応えがありました。

 

他にもアシカショー等のショーも定期的に行われております。

 

公式ホームページにイベント等のスケジュールも記載されているので参考にしてください。

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ - 岐阜県各務原市の水族館

アクアトトぎふの開館時間。

平日9時半から17時(入館は16時まで)、休日は9時半から18時(入館は17時まで)です。

基本的には年中無休です。

 

ただ河川環境楽園が全体休園の場合はアクアトトぎふに入る事が出来ない為、実際には河川環境楽園の休園日がアクアトトぎふの休館日になるので注意してください

休園日はアクアトトぎふの公式ホームページにも記載されてますので行く前に確認してください。

アクアトトぎふへのアクセス。

アクセスや住所については公式ホームページをご覧ください。

交通アクセス|アクア・トトへ行こう|世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ - 岐阜県各務原市の水族館

 

高速から行く方は川島パーキングエリア(ハイウェイオアシス)から高速を降りる事無く直接入館する事が可能です。

 

私は一般道から行ったのですが一番近くにある中央駐車場は午前11時前に行った頃には既に満車でしたorz

夏休みのお盆と行った時期が悪かったかも知れませんが中央駐車場が満車なので東口駐車場の方へ車を停めました。

ただ東口駐車場は地味に遠く、歩いて10分くらいの距離があります。

日陰もない為東口駐車場に停める場合は帽子や日傘、ベビーカー等を用意する事をお勧めします

 

パーキングエリアの駐車場も昼過ぎに見た時はちらほら近い所は空いていたんですがこっちも歩いてアクアトトに行くには少し距離があります。

ただアクアトトに行くまでの道中に日陰は結構ありますしレストランや出店、子供が遊べる広場やイベント会場等、色々見ながら向かうことができます。

 

東口駐車場からの道中は本当に何もないので同じ歩くにしてもパーキングエリアの駐車場からの方が楽しめます。

アクアトトぎふの料金

一回入場出来るチケットですと大人1500円、高・中学生1100円、小学生750円、2歳以上370円、3歳以下は無料となっています。

 

ただ年間パスポートはどれも倍の値段を出せば購入出来る為(大人なら3000円)2回以上行く予定があるのであれば年間パスポートを購入した方が圧倒的にお得です

年間パスポートには他にも得点があり、アクアトト内のレストランやミュージアムショップで割引してもらえます。

 

細かいサービスはこちらに記載されてます。

料金・お得なパスポート|アクア・トトへ行こう|世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ - 岐阜県各務原市の水族館

 

もちろん私は買いました!w

 

チケット売り場で年間パスポートを購入したいと伝えれば手続きしてもらえます。

年間パスポート購入の際に写真撮影があるのでビシッと決めていきましょう!w

 

ちなみにこの年間パスポート、当日入場出来ますが年間パスポートがもらえるのは後日、2回目来館した時になります。

手続きしたときに引換券がもらえますのでくれぐれも失くしたり、忘れたりしない様に気をつけてください

赤ちゃん連れに優しいバリアフリー構造。

私は借りませんでしたがベビーカーや車椅子の貸し出しを行っているみたいです。

 

また館内は4階建てで入館してすぐにエレベーターで4階にあがり上から順番に各階を回りながら1階に下りてきます。

その間、階段がある所には必ずスロープがついている為ベビーカーでも問題なく館内を回ることが出来ます。

問題があるとすると人が多いと少し通路が狭いので動き難いかもしれません。

 

1階2階には多目的トイレも設置されているので途中でオムツの交換を行う事が出来ますし多目的トイレとは別に授乳室やオムツ交換室もあります。

離乳食について。

人が多くて細かくは見て回れなかったんですが多分離乳食は買えないと思います。

アクアトト内のレストランにも離乳食を始めたばかりの子供にあげられる様な料理は少なかったので離乳食のお弁当を持参した方が確実です。

 

ただし原則館内には弁当の持ち込み禁止となっていますので食べる時は外の河川環境楽園でしか食べられません。(河川環境楽園は弁当の持ち込み自由)

アクアトトぎふには再入場可能ですし雨でもお弁当が食べられるスペースはあるので一度出て河川環境楽園の方で楽しみながらお弁当を食べましょう。

 赤ちゃんと共にアクアトトぎふを満喫してきた!

 というわけで前置きが長くなりましたが赤ちゃんを連れて行った話をざっくりとさせてもらいます!

あまり細かく書きすぎてしまうと行った時の楽しみが減ってしまう気がするのでざっくりと!

 

まず年間パスポートの手続きを済ませて一番初めにお出迎えしてくれたのが黄金ナマズ。

2日行って一度も巣から出てきてくれませんでしたorz

f:id:suzutoao:20160824222943j:plain

黄金ナマズはオリンピックにちなんでの限定公開です。

9月4日までの公開となってます。

この黄金ナマズはアクアトトぎふのチケットを購入しなくても見ることができる為河川環境楽園に遊びに来た方も無料で覗く事が出来ます。

 

その後はゲートをくぐり屋外にゾウガメ、屋内の廊下では無料で記念撮影が出来るスペースがありました。(写真を買う場合は有料)

ゾウガメは動きがゆっくり過ぎて赤ちゃんが興味を示しませんでした。

 

そしてエレベーターに乗り4階へ。

f:id:suzutoao:20160824223616j:plain

長良川上流ツアー、ここから順番に見て回る事になります。

 

長良川から始まり世界の淡水魚、そして期間限定のインパクト・アクアリウムへの順路となっていました。

動く魚に案外赤ちゃんも興味を示していましたし、何より8月の真夏に行ったのに館内が涼しくて快適に回る事が出来ました。

これで人が少なければ言う事なかったですw

何だかんだで一番楽しかったのは1階!

まず印象に残ったのが魚の餌やり

鯉に餌をあげる程度に考えていたんですが…

f:id:suzutoao:20160824224300j:plain

水槽に手を突っ込めと?w

 

とにかく嫁がやりたがっていたのでやらせてみた結果…

f:id:suzutoao:20160824224705j:plain

餌を握って手を突っ込むと一気に群がってきますw

嫁が子供以上に大はしゃぎしていてそれを見て赤ちゃんが笑っていましたw

 

ちなみに手を食べられた感想は「大きなドクターフィッシュ」らしいです。

 

そしてもうひとつ1階の屋外で印象に残ったのがアシカショー

アシカショーなんて大人になってから見た記憶はありませんでした。

ただ正直外で暑かったので初めはあまり乗り気じゃなかったんですけどね…

いざ見てみると面白かったですw

 

アシカショーのお勧めの席は真ん中の通路の一番前の列がお勧めです。

というのもショーは少し遠いかもしれませんが一度アシカが客席を回ってくれるんです。

その時に真ん中の通路を通るため本当に至近距離まで近づいてきてくれます。

 

写真も撮ったのですが人が沢山写っていたためお蔵入りさせました。

期間限定のインパクト・アクアリウム。

期間限定の展示スペース、インパクト・アクアリウム!

12月11日までと結構長い期間行っています。

 

とにかく珍しい生物が沢山いたんですが特にお気に入りの一匹だけ。

f:id:suzutoao:20160824225732j:plain

蟹!w

 

口だけチロチロ動いていましたがそれ以外は全く動きませんでした。

赤ちゃんもチロチロが気になったのか、蟹を認識したのかわかりませんがずっと蟹と見つめ合っていました。

昼食は河川環境楽園。

一通り見て回った後は一度アクアトトぎふから出てご飯を食べる為に河川環境楽園の方へ。

というのもアクアトトぎふ内のレストランは人が多すぎていつご飯が食べれるのかわからなかったので諦めました。

 

河川環境楽園の方なら他にもレストランや屋台にBBQ、パーキングエリアにコンビニとご飯が食べられるところが多かったのでそちらですませました。

 

河川環境楽園も少し見て回ったんですが観覧車があり子供が水遊び出来るスペースがあったり遊具や広場があったりで子供を遊ばせるには最適な場所かもしれません。

 

まだ一歳になったばかりで一人で歩く事が出来ないので遊ばせる事が出来なかったんですがもう少し成長したら今度は河川環境楽園の方メインで連れて行きたいと思います。

 

特に意味は無いけどパーキングエリアで撮った一枚。

f:id:suzutoao:20160824230930j:plain

アクアトトぎふは赤ちゃんを連れて行って楽しめたのかどうか?

非常に楽しめました、大満足です。

個人的な感想ですがまさに大人も子供も楽しめる水族館でした。

  1. 駐車場の確保
  2. 昼食スペースの確保
  3. 屋外での熱中症対策

この3つを計画的に行えばストレスも少なく楽しむ事が出来ると思います。

時期的には夏休みが終わってからの方が人も少なく気温も少しは下がっているはずなので最適かと思われます。

最後に。

お盆に2回行った為年間パスポートの元は取れたんですが今後も時期をずらしては何回か行ってみようと思います。

 

周辺のスポットにツインアーチ138という展望台や飛行機の博物館であるかかみはら航空宇宙科学博物館がある為次はそっちも一緒に覗いてみたいです。

 

ちなみに私達は帰りにイオン各務原によって夕飯を食べてきました。

 

アクアトトぎふの周辺には沢山の遊べるスポットがあるので1日と言わず泊まりで行っても楽しむ事が出来ると思います。